ルーニー選手の植毛方法について

 

ルーニー選手の植毛方法について

イングランド代表のサッカー選手、ルーニーは2度の植毛手術を成功させています。
20歳過ぎたころから薄毛が進行していて、スーパープレイヤーのルーニー選手の弱点は髪の毛でした。
チームメイトから、薄毛をからかわれていました。
そんな弱点を克服するため、植毛をして髪の毛を増やすことに成功しました。
彼の植毛手術は、自毛植毛といわれているものです。
男性の薄毛は、男性ホルモンが作り出すDHT(ジ・ヒドロ・テストステロン)と呼ばれる原因物質が影響しています。この物質の影響を受けにくい、後頭部の髪の毛を毛穴ごと摂取し、髪の毛の薄いところに移植するのが自毛植毛手術です。
半永久的に抜けないといういい点がありますが、髪が伸びてこないという悪い点もあります。
欧米では広く普及していますが、日本ではあまり知られていませんでした。
しかし、ルーニー選手がこの植毛方法でで成功したことで、日本でもこの方法を選ぶ方が増加しています。

・京都 AGA病院 http://kyoto-aga.com/


ルーニー選手の自毛植毛は話題を呼びました

 

女性

いま、AGAは成年男性の大きな悩みの代表格となっています。
薄毛や抜け毛のことで自信喪失に陥っている男性が多いことを考えると、速やかにAGA対策をとる必要があることを痛感させられます。
以前に、サッカーのルーニー選手が自毛植毛を行ったことが話題になりました。
少なくとも、遠くから見ている限りでは、手術後の彼は全く変わらないプレーをしています。
彼が手術を受けたのはロンドンのヘアクリニックですが、専門家の話によると、1年ぐらい経たないと植毛効果を云々することはできない、ということです。
つまり、手術後も、状態が安定するまでには相応の時間がかかるのです。
というのは、術後、毛根がしっかりと根付かないので、毛先の成長は不均一になってしまう傾向があります。
ですから、抜け毛や髪の毛が白くなるといったことが頻繁に見られるというのです。
彼の場合も、一時は白髪の部分ができてきて、植毛手術の結果に対する不信感が生まれたこともあったようですが、その後の順調な回復ぶりを見ると、あくまでも瞬間的な現象にすぎなかったようです。
植毛技術の発達には驚かされるばかりです。

育毛促進